2010年05月28日

<口蹄疫>「かごしま黒豚」20頭が宮崎県境から避難(毎日新聞)

 宮崎県で口蹄疫(こうていえき)の感染が広がっている問題で、豚の飼養頭数日本一の鹿児島県で26日、特産の「かごしま黒豚」の種豚20頭(オス7頭、メス13頭)が宮崎県との県境近くから、県南部に移送された。

【写真特集】口蹄疫、感染拡大が深刻化 石灰で白くなった大地

 宮崎県境にある霧島市の県畜産試験場で品種改良中の種豚20頭が、試験場外に駐車したトラックに次々と積み込まれた。薩摩半島南西部の日置市にある県立農業大学校に移送する。県では今後、他の種豚も種子島に分散する。【川島紘一】

【関連ニュース】
【特集】口蹄疫
<口蹄疫>牛はいち早く 鹿児島県が種牛を離島に分散避難
<口蹄疫>「対策法案」自民と公明が提出
<口蹄疫>「種牛5頭守れ」 宮崎県、新畜舎を建設
<口蹄疫>ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」

天皇陛下がお田植え(産経新聞)
選挙期間中のHP、ブログ更新OK…与野党合意(読売新聞)
宮崎・口蹄疫 えびの市沈静化か(産経新聞)
日本、中国に協力要請へ…安保理新決議(読売新聞)
警官の発煙筒で車炎上 都に620万円賠償命令(産経新聞)
posted by ムロイ マサカツ at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

小沢氏「言う必要ない」 静岡県連への活動費支給停止(産経新聞)

 「資金は私と財務委員長が決定している。マスコミの諸君に言う必要も理由もない」

 民主党の小沢一郎幹事長は24日の記者会見で、静岡県連(牧野聖修県連会長)が党本部から参院選活動費の支給を止められたと反発していることへの説明を拒否した。そのうえで「(平成18年に)代表を引き継いで以来、選挙を一切任されてきた。私なりの判断で選挙戦を戦い、今、政権を任されている」と言い切り、自身の判断に誤りはないと強調した。

 活動費の支給停止は静岡県連と参院静岡選挙区(改選2)の現職、藤本祐司参院議員に対する措置。県連が小沢氏の改選2議席の選挙区での2候補擁立方針に抵抗したことへの報復と受け止めるむきもある。

【関連記事】
「小沢反抗」への報復? 静岡県連に活動費支給停止
小沢氏、郵政改革法案の会期内成立を強調
小沢氏、郵政票に秋波 改革法案成立、局長会で宣言
喉から手が出る郵政票 小沢氏、法案成立を約束 
郵政改革法案、成立約束 小沢氏が郵便局長会であいさつ
虐待が子供に与える「傷」とは?

蓮舫氏“必殺仕分け人”が復活!…第2弾再開でキツイ口調に(スポーツ報知)
<柏崎刈羽原発>1号機 新潟県が運転再開容認(毎日新聞)
スキンケアで防ぎきれない ニキビはれっきとした病気(J-CASTニュース)
PCI元社長の無罪確定へ=検察側上告を断念―東京高検(時事通信)
<口蹄疫>スーパー種牛を殺処分 全国ブランドに衝撃(毎日新聞)
posted by ムロイ マサカツ at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。