2010年06月16日

祇園祭りの山鉾「孟宗山」の胴懸が約200年ぶりに新調(産経新聞)

■平山郁夫氏が原画制作

 京都・祇園祭で巡行する32基の山鉾の一つ、「孟宗山」の装飾が、昨年死去した日本画家、平山郁夫氏が描いた原画によって約200年ぶりに新調され、京都市中京区の画廊で12日、報道陣に公開された。

 新調されたのは、山鉾の側面を飾る胴懸(どうかけ)「砂漠らくだ行」(縦1.2メートル、横1.6メートル)2枚。左胴懸は太陽の下を、右胴懸は月明かりが照らす中を、それぞれらくだに乗った隊商が砂漠を旅する光景を描いている。

 原画を基に、川島織物セルコン(京都市左京区)が制作。絹製の綴織(つづれおり)で、らくだにあたる太陽や月の光が金糸やプラチナ糸で繊細に表現されている。

 平山氏は月の胴懸を制作中に死去。親交の深かった孟宗山保存会の佐藤征司(まさじ)代表は「完成品を見てもらえず残念だが、先生の世界平和と人類の繁栄を願いを、この懸装品と祭りを通じて世間に広めていきたい」と話した。

【関連記事】
【京都MONO語り】風呂敷 宮井「唐草屋」 美しく楽しく包む
【京のいろ】山鉾巡行 祇園祭 「コンチキチン」祭りはクライマックスへ
【もう一つの京都】映画「祇園祭」制作秘話
「エーンヤーラヤー」豪快に辻回し 祇園祭の山鉾巡行 京都
響く祗園囃子、漂う情緒 祇園祭宵山
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

枝野氏、経団連に就任あいさつ(時事通信)
<梅雨入り>関東甲信、東北南部も 平年より遅く(毎日新聞)
「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
「歳費ドロボー」と野次相次ぐ 民主・河上氏の辞職了承(産経新聞)
大麦の新たな使い道開拓 冷たい大麦ラーメンが登場 栃木 (産経新聞)
posted by ムロイ マサカツ at 16:19| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

先端巨大症患者の7割超「病気を知らなかった」(医療介護CBニュース)

 アクロメガリー(先端巨大症)と診断されるまで、その病名や病気を知らなかった患者が全体の7割超に上ることが、虎の門病院(東京都港区)とノバルティスファーマの調べで分かった。調査結果を発表した同社のアクロメガリー広報センターは、「患者数が少ない希少疾患で、開業医の先生の間でも決して認知度は高くない。一般の方、先生方を含めて広く疾患啓発していきたい」としている。

 アクロメガリーは、脳下垂体にできた良性の腫瘍によって成長ホルモンが必要以上に分泌されてしまう病気で、手足が肥大したり、額やあごが突出したり、鼻や唇、舌などの軟部組織が大きくなったりする。年間発症率は100万人に3-4人程度だという。

 調査結果によると、病名や病気について、診断がつく以前から「知っていた」は26.0%、「知らなかった」は73.8%、「不明」は0.2%だった。

 患者自身が病気かどうかを疑うきっかけとなった症状としては(複数回答)、「手足の肥大」が52.6%で最も多く、以下は「顔つきの変化」47.2%、「頭痛」20.4%、「手のしびれ」17.2%、「睡眠時無呼吸症候群」15.9%などと続いた。

 治療後、健康上の問題で日常生活に影響があるかどうかを聞いたところ、「あり」20.2%、「なし」79.8%だった。

 適切な治療を受けず、長期にわたって成長ホルモンの異常分泌が続くと、糖尿病などの合併症を引き起こす人もいる。糖尿病を患った人にアクロメガリーの治療後の状況を聞いたところ、「治癒した」が61.7%で最も多く、以下は「軽快した」22.6%、「以前と変わらない」12.2%、「悪化している」1.7%などの順だった。

 調査は昨年10-12月、虎の門病院で治療を行ったアクロメガリー患者511人を対象に実施した。


【関連記事】
特定疾患治療研究事業の認定基準、11疾患で大筋了承
「先端巨大症」など7疾患を難治性に―厚労省
ノバルティスの腎細胞がん治療薬は「比較的使いやすい」
未承認薬・適応外薬の開発要請、最多はファイザーの7件
エクジェイドの添付文書改訂を指示

鳩山内閣が総辞職 退陣会見は行わず(産経新聞)
福井・竜脚類恐竜に学名 国内産の化石では4件目(産経新聞)
菅内閣 消費者担当は荒井氏、少子化担当は玄葉氏が兼務(毎日新聞)
コンビニにワゴン車突っ込む 1人けが 東京・八王子(産経新聞)
荒井氏の事務所費問題「罷免に値する」 野党、一斉に批判 (産経新聞)
posted by ムロイ マサカツ at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

首相なお続投に意欲、小沢氏と再会談 社民党は内閣不信任案賛成の方針(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は31日夕、社民党の連立離脱を受け、民主党の小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長と国会内で会談し、今後も続投する意向を示した上で、夏の参院選に向け、協力を呼びかけた。

 会談後、首相は首相官邸で記者団に「続投確認か」と問われ、「それは当然であります」と続投する意向を重ねて表明。「私自身のことでご迷惑をかけているのは理解しているが、初心に戻る思いで頑張るしかない。厳しい局面だが、国家国民のために3人で力を合わせて頑張ろうということになった」と述べた。

 だが、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐる混乱や、社民党の連立離脱を受け、民主党では夏の参院選前の首相退陣を求める声が強まっている。

 このような情勢を受け、小沢氏は首相との会談後、国会内で役員会を開き、1日以降に首相と小沢、輿石両氏の3者会談を再び開く考えを示し、「中身は一任してほしい」と述べた。

 一方、連立離脱した社民党は31日、幹部会合を開き、衆院で内閣不信任決議案、参院で鳩山首相に対する問責決議案が提出された場合は賛成する方針を決めた。社民党の辻元清美国土交通副大臣は前原誠司国交相に辞表を提出した。

【関連記事】
安倍氏、「福島氏に同情」
首相、辞任論に「迷惑かけていることは理解しているが…」
発想は幸夫人の…首相“奇抜”ファッション支持率の行方
鳩山首相、小沢幹事長が会談 短時間で終了
社民、内閣不信任案に賛成へ 幹部会合で一致

地検検事取り調べ、一部を違法認定…大阪高裁(読売新聞)
共同声明に社民混乱「何が地球を守る政治だ」 福島氏、署名拒否明言は「まったく変わらない」(産経新聞)
<降格人事>残業代払わず労組結成の職員を課長級→係長級 北海道体育文化協会(毎日新聞)
民主参院が退陣勧告…鳩山首相辞任求める声「圧倒的」(スポーツ報知)
首相、1日に宮崎視察(時事通信)
posted by ムロイ マサカツ at 19:44| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。